熱気球世界選手権

2016佐賀熱気球世界選手権

熱気球世界選手権は、国際航空連盟(FAI)加盟各国の代表選手による熱気球競技の世界大会です。1973年の第1回大会からほぼ2年に1度開催されており、開催地は、国際気球委員会(CIA)定例本会議での投票で決定されます。

[参考]国際航空連盟公式サイト

2016佐賀熱気球世界選手権

2016年の第22回熱気球世界選手権の開催地については、2014年3月にスイス・ローザンヌで開催された国際気球委員会総会にて投票が行われ、同じく開催地として立候補していたアルバカーキ(アメリカ)を抑えて、佐賀(日本)での開催が決定されました。
佐賀での熱気球世界選手権の開催は、第9回(1989)と第13回(1997)に続いて3回目となります。

大会概要

大会名

2016佐賀熱気球世界選手権 / 2016熱気球ホンダグランプリ 最終戦
22nd FAI World Hot Air Balloon Championship / 2016 Hot Air Balloon Honda Grand Prix -Final Round-

会場

佐賀市嘉瀬川河川敷

開催期間

2016年10月28日(金)から11月6日(日)まで10日間
※「2016熱気球ホンダグランプリ」 10月28日(金)〜30日(日)

主催

2016佐賀熱気球世界選手権組織委員会
(一般財団法人日本航空協会、日本気球連盟、佐賀県、佐賀市、佐賀バルーンフェスタ組織委員会 ほか)

実施主体

2016佐賀熱気球世界選手権実行委員会

公認

国際航空連盟(FAI)、国際気球委員会(CIA)
※「2016熱気球ホンダグランプリ」については、熱気球グランプリ運営機構(Air-B)

競技参加チーム数

FAI加盟各国からの100選手に加え、
 ・第21回FAI熱気球世界選手権 1位〜3位選手
 ・第2回FAIジュニア熱気球世界選手権 1位選手
 ・第2回FAI女性熱気球世界選手権 1位選手
合計105名(機)参加
※その他、熱気球ホンダグランプリ・フェスタ・ファンタジア・オフィシャル含め総計186機参加

熱気球世界選手権 開催地

回数開催年開催地参加機数優勝者
1 1973 アメリカ / アルバカーキ 14ヵ国/32機 Dennis Floden
2 1975 アメリカ / アルバカーキ 15ヵ国/34機
-日本初参加-
David Schaffer
3 1977 イギリス / ヨークシャー 22ヵ国/51機 Paul Woessner
4 1979 スウェーデン / ウプサラ 16ヵ国/33機 Paul Woessner
5 1981 アメリカ / バトルクリーク 21ヵ国/82機 Bruce Comstock
6 1983 フランス / ナント 20ヵ国/70機 Peter Vizzard
7 1985 アメリカ / バトルクリーク 23ヵ国/98機 David Levin
8 1987 オーストリア / シュライテン 23ヵ国/98機 Albert Nels
9 1989 日本 / 佐賀県佐賀市 25ヵ国/102機 Benedikt Haggeney
10 1991 カナダ / サン・ジャン・シュ・リシュルー 26ヵ国/101機 Albert Nels
11 1993 ルクセンブルク / ラ・ロシェット 32ヵ国/101機 Alan Blount
12 1995 アメリカ / バトルクリーク 33ヵ国/86機 Joe Heartsill
13 1997 日本 / 佐賀県佐賀市 38ヵ国/112機 David Bareford
14 1999 オーストリア / バッドヴァルタースドルフ 32ヵ国/90機 Bill Arras
15 2002
フランス / シャテルロー 36ヵ国/99機 David Bareford
16 2004 オーストラリア / ミルデューラ 30ヵ国/87機 Markus Pieper
17 2006 日本 / 栃木県宇都宮市・茂木町 36ヵ国/66機 John Petrehn
18 2008 オーストリア / ホーフキルヒェン 36ヵ国/98機 François Messines
19 2010 ハンガリー / デブレツェン 34ヵ国/129機 John Petrehn
20 2012 アメリカ / バトルクリーク 29ヵ国/103機
Nick Donner
藤田 雄大 3位
21 2014 ブラジル / リオクラロ 22ヵ国/58機 藤田 雄大
22 2016 日本 / 佐賀県佐賀市 31ヵ国/105機 Rhett HEARTSILL
23 2018 オーストリア / グロース=ジークハルツ 34ヵ国/105機 Dominic BAREFORD
24 2020 スロベニア / ムルスカ・ソボタ
25 2022

※ スカイスポーツのオリンピック「ワールド・エア・ゲームズ」が、1997年から4年に1度開催されることになり、開催が重なった年の「熱気球世界選手権」を1年遅らせたため、第15回大会(2002年)以降は偶数年開催となりました。

English site

最終更新日 2018年08月25日

特別協賛企業

  • HONDA

協賛企業

  • Pioneer
  • コカ・コーラ ボトラーズジャパングループ コカ・コーラウエスト株式会社
  • 伊藤園
  • ANA
  • HISAMITSU