大会概要

熱気球日本選手権

※ 2016年10月28日時点

大会名

2016佐賀熱気球世界選手権 / 2016熱気球ホンダグランプリ 最終戦
22nd FAI World Hot Air Balloon Championship / 2016 Hot Air Balloon Honda Grand Prix -Final Round-

開催期間

2016年10月28日(金)から11月6日(日)まで10日間

チェックイン並びに公式練習    10月28日(金)・29日(土)・30日(日)
ゼネラルブリーフィング      10月30日(日)
開会式              10月30日(日)
競技飛行(7日間)13フライト   10月31日(月)~11月6日(日)
アワード・バンケット(閉会式)  11月7日(月)
※「2016熱気球ホンダグランプリ最終戦」 10月28日(金)〜30日(日)

主催

2016佐賀熱気球世界選手権組織委員会・佐賀市
(一般財団法人日本航空協会、日本気球連盟、佐賀県、佐賀市、佐賀バルーンフェスタ組織委員会 ほか)

実施主体

2016佐賀熱気球世界選手権実行委員会

公認

国際航空連盟(FAI)、国際気球委員会(CIA)
※「2016熱気球ホンダグランプリ」については、熱気球グランプリ運営機構(Air-B)

参加予定数

総数 186機(31の国と地域から)

2016佐賀熱気球世界選手権
合計105機(日本国内7機・国外98機)
  • FAI加盟各国からの100選手
  • 第21回FAI熱気球世界選手権(ブラジル・リオクラロ開催) 1位〜3位選手
  • 第2回FAIジュニア熱気球世界選手権(フランス・ビシー開催) 1位選手
  • 第1回FAI女性熱気球世界選手権(ポーランド・レシュノ開催) 1位選手
フェスタ部門
25機(日本国内15機・国外10機)
バルーンファンタジア
12機(日本国内8機・国外4機)
熱気球ホンダグランプリ-最終戦-
25機(日本国内23機・国外3機)
オフィシャルバルーン
19機(日本国内19機)

特別協賛

本田技研工業株式会社

大会参加人数

総数 約1,500人

選手
(ボランティアクルーを含む)
約900人(日本人 約400人・外国人 約500人)
役員
約300人(日本人 約200人・外国人 約100人)
スタッフ
約300人

大会会場施設等

チェック・イン
佐賀市久保田保健センター(佐賀市久保田町)
ゼネラル・ブリーフィング
タスク・ブリーフィング
佐賀市久保田農村環境改善センター 多目的ホール
(佐賀市久保田町)
運営本部
嘉瀬川河川敷 仮設プレハブ
競技本部
佐賀市久保田保健センター
競技飛行空域
嘉瀬川河川敷ローンチエリアを中心として東西約25km、南北約15km

賞金・賞品

熱気球世界選手権部門

1位
トロフィー・メダル・盾・賞状・副賞・賞金 500,000円
2位
メダル・盾・賞状・副賞・賞金 300,000円
3位
メダル・盾・賞状・副賞・賞金 200,000円
4位〜10位
盾・賞状・副賞

熱気球ホンダグランプリ部門

第1戦〜最終戦の総合成績で表彰

1位
賞金 2,000,000円・賞品
2位
賞金 1,000,000円・賞品
3位
賞金 500,000円・賞品
4位
賞金 200,000円
5位
賞金 150,000円
6位
賞金 100,000円
7位〜10位
賞金 50,000円

観客動員数

120万人(見込)

最終更新日 2016年10月28日

特別協賛企業

  • HONDA

協賛企業

  • Pioneer
  • CocaCola West
  • 伊藤園
  • FamilyMart
  • ANA
  • スルガ銀行
  • HISAMITSU