JRバルーンさが駅

2021大会の開催について

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響を受け、大会を主催する当組織委員会では本年の開催について慎重に検討を続けてきた結果、2021佐賀インターナショナルバルーンフェスタの開催を無観客で実施することとなりました。(2021.06.18発表)

それに伴い、会場内駐車場や臨時駐車場、バルーンさが駅等はご利用できませんのでご注意ください。また、会場周辺にて違法駐車されないようご協力をお願いいたします。

JRバルーンさが駅

場所

佐賀市嘉瀬町荻野 鍋島⇔久保田間 [地図]

駅種別

臨時駅

駅概要

JRバルーンさが駅は、JR長崎本線(鍋島⇔久保田間)、嘉瀬川鉄橋東側に位置するJR九州の臨時駅で、佐賀インターナショナルバルーンフェスタ期間中の来場者のために設置された駅です。

「1989佐賀熱気球世界選手権」開催に向けて、年々、来場者が増加していたが、来場者輸送手段が自家用車等に限られていた為、来場者の利便とアクセス混雑の緩和を目指すために、バルーンフェスタ会場を横切るJR長崎本線上に臨時駅の設置が実現しました。その後も毎年、大会期間中の臨時駅として開設が続き、2018年には開業30年(30回目の開設)となった。なお、開業当初は大会前にホーム・駅設備が設置され、大会後に完全撤去される仮設駅でしたが、2002年より、ホーム設備のみ恒久化されました。大会期間外は、全ての電車・列車が通過します。

大会期間中は、5時台から19時台前半のほぼ全ての普通列車(長崎本線・唐津線)と一部の特急列車が停車します。なお、ラ・モンゴルフィエノクチューン(夜間係留)開催日は、21時台までの電車が停車します。特急列車は、JR博多・長崎・佐世保からダイレクトにアクセスが可能です。また、鳥栖・吉野ヶ里公園⇔肥前山口などの区間で普通(各駅停車)臨時列車が増発され、時間帯によっては10から15分間隔で電車・列車が運行されます。

なお、バルーン競技やラ・モンゴルフィエノクチューン(夜間係留)終了後は、お帰りの来場者で非常に混雑しますので、余裕を持った利用をおススメいたします。

沿革

1989年 11月18日開業 ※「1989佐賀熱気球世界選手権」開幕日
2002年 ホーム施設が恒久化される。
2018年 開業30年となる。

最終更新日 2021年10月05日

特別協賛企業

  • HONDA

協賛企業

  • コカ・コーラ ボトラーズジャパングループ コカ・コーラウエスト株式会社
  • 伊藤園
  • ANA
  • コカ・コーラ ボトラーズジャパングループ コカ・コーラウエスト株式会社
  • 伊藤園
  • ANA
  • HISAMITSU
  • 大和証券
  • セキスイハイム
  • Cygames